車検を知る

ディーラー車検の特徴は?費用やメリット・デメリットを解説

アイキャッチ
目次

公道を走行するすべての車が、定期的に受けることを義務付けられている「車検」。さまざまな事業者が点検・整備を請け負っており、車検を受ける際には「車を購入したディーラーに直接依頼する」か、もしくは「車検専門店やガソリンスタンドなどの民間業者を利用する」か自由に選ぶことができます。

「車検満了日が近づいてディーラーからのお知らせを受け取ったものの、ディーラー車検と民間車検のどちらにしようか悩んでいる......」

という方も多いのではないでしょうか。今回はディーラー車検の特徴を民間車検と比較しながら解説します。ぜひ車検業者選びの参考にしてみてください。

ディーラー車検にかかる費用

青い車と電卓

まずはディーラーに車検を依頼する場合にかかる費用から見ていきましょう。

ディーラー車検は高い?

ディーラーで受ける車検は、予防的な観点で整備・部品交換を行ったり、工賃が高い場合もあるため、一般にほかの業者に依頼する場合と比べて費用が高くなる傾向にあると言われています。

整備・サービスの特長と費用感をおさえたうえで、ディーラーに依頼するかほかの業者に依頼するかを検討できると良いでしょう。

ディーラーで車検を受けるメリット

車の整備

民間の業者に比べ、費用が高くなる傾向にあるディーラーでの車検。ここからは、そんなディーラーに車検を依頼するメリットを4つ解説します。

メリット1.純正の部品で交換してくれる

ディーラー車検ならではの特長は、点検によって交換の必要な部品が見つかった場合に、純正の部品を使用して交換が行われることです。一方民間車検では、純正以外の車検対応部品が使われることがあります。純正部品は新車と同水準の部品であるため、純正部品にこだわる方にとっては、ディーラーで車検で受けるメリットがあります。

メリット2.メーカー車種に詳しい

ディーラーは一つのメーカーに特化しており、そのメーカーの車についての知識やデータ、整備経験を豊富に持っています。そのため質の高い点検を行うること、車種ごとの個性に応じた細やかな整備ができること、車の買い替えや普段のメンテナンスについて的確なアドバイスをもらえることなどがメリットとして挙げられます。

ディーラー車検を受けるデメリット

お金と安心

ディーラー車検のメリットについてご紹介しましたが、人によってはデメリットと感じる点も。つづいてディーラーに依頼するデメリットを2つご紹介します。

デメリット1.車検費用が高い傾向がある

ディーラー車検は、民間車検と比べて費用が高くなる傾向があります。主な理由は、安全を重要視して整備費用項目が多くなりやすいこと、そして部品交換に純正部品が使用されることです。

「なるべく費用を抑えたい」という方はほかの業者からも見積りを取得し、費用と整備・サービス内容のバランスを比較検討するのがおすすめです。

デメリット2.車検にかかる時間が長い場合もある

ディーラー車検では、整備項目を独自で追加したうえで点検・整備と部品交換、車検後の予備整備まで行われる場合があるため、民間車検と比べ車検当日にかかる時間が長くなる可能性があります。

車検満了日が近づいて時間に余裕がない場合などは、あらかじめ整備に必要な時間を確認しておくようにしましょう。

車検を受けるならコスモのコミっと車検

「費用を抑えて車検を受けたい」

「コストと安心を両立できる業者に点検・整備を依頼したい」

そんな方には、コスモの「コミっと車検」がおすすめです。「コミっと車検」の特長を3つご紹介します。

基本整備込みの価格で安心

「コミっと車検」の見積りでは、法定費用から主要整備・主要部品の交換・アフターサービスまですべて込みの価格をご提示しています。

エンジンオイルやバッテリー、ブレーキパッドなど安全な走行のために欠かせない部品については、異常がなくても、メーカーの推奨交換基準にしたがって追加費用なしで予防整備・交換を実施します。追加費用の心配が少なく、安心して車検を受けていただけます。

※定額対象整備部品には、タイヤ、タイミングベルト、バンパーやフロントガラスなどは含まれません。

※定額対象整備部品はこちらよりご確認ください。一部地域の店舗では、定額対象整備部品数が異なる場合がございます。

アフターサービスも充実

「コミっと車検」なら、国家資格を取得した信頼できる整備士が点検・整備を行うため、車検後のアフターサービスも充実しています。

万が一、車検後半年以内もしくは走行距離1万km以内に、対象の部品(※)に異常があった場合、無償で交換・整備を行います。さらに車検後の法定12ヶ月点検も、無料で実施。費用面だけでなく整備面でも安心してお任せいただけます。

見積りから決済までネットで完結

「コミっと車検」なら、Webサイト・アプリ上から「見積り費用」と「おおよその整備内容」のご確認が可能です。見積りのために何度もご来店いただく必要がないので、忙しい方にもおすすめです。また車検費用は、車検終了後に現金もしくはWebサイト・アプリ経由でもお支払いいただけます。

まとめ

白い車

ディーラーでの車検は、特定のメーカーに精通したスペシャリストによる整備の質の高さや、予防的な観点も含めた手厚い整備内容などから、一般に民間業者よりも費用が高くなる傾向にあります。各業者の車検費用とサービス内容を知ったうえで、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。
安心の整備を実施し、その中で費用をなるべくおさえて車検を受けるなら、コスモの「コミっと車検」がおすすめです。Web上での簡単入力で見積りをご確認いただけるため、ぜひお気軽にお試しください。

規定の整備対象部品と整備基準予防交換する部品
  1. 1. ブレーキフルード

    整備基準:2年以上経過

  2. 2. ブレーキライニング・シュー

    整備基準:摩擦材2mm以下

  3. 3. ブレーキパッド

    整備基準:摩擦材3mm以下

  4. 4. エンジンオイル

    整備基準:半年以上経過

  5. 5. オイルエレメント

    整備基準:オイル交換2回に1回

  6. 6. バッテリー

    整備基準:3年以上経過(ハイブリッド車の補機バッテリーは5年。保証期間が3年以上の場合は保証期間に準拠)

異常があれば交換する部品
  1. 1. 電球

    整備基準:切れたら

  2. 2. ヘッドライトコート

    整備基準:ロービーム1灯あたり6400cd未満

  3. 3. 発煙筒

    整備基準:使用期限超過時

  4. 4. ワイヤーブレード

    整備基準:拭き残し・ひび割れ発生時

  5. 5. ミッションオイル(ATF/CVTF)

    整備基準:油色変化・劣化時

  6. 6. デフオイル

    整備基準:油色変化・劣化時

  7. 7. クラッチオイル

    整備基準:油色変化・劣化時

  8. 8. パワステフルード

    整備基準:油色変化・劣化時

  9. 9. LLC

    整備基準:液量低下、液色変化時

  10. 10. ラジエターバルブ

    整備基準:異音、緩み、亀裂発生時

  11. 11. ラジエター本体

    整備基準:液漏れあり

  12. 12. エアーエレメント

    整備基準:異音、目詰まり

  13. 13. スパークプラグ

    整備基準:異常発生時

  14. 14. Vベルト

    整備基準:異音、緩み、亀裂発生時

  15. 15. ハブペアリング

    整備基準:異音、ガタつき発生時

  16. 16. ステアリングギアボックス

    整備基準:液漏れあり

  17. 17. ステアリングブーツ

    整備基準:亀裂・グリス漏れ発生時

  18. 18. ドライブシャフトブーツ

    整備基準:亀裂・グリス漏れ発生時

  19. 19. タイロットエンドブーツ

    整備基準:亀裂・グリス漏れ発生時

  20. 20. スタビライザーリンク

    整備基準:油滴・液漏れ発生時

  21. 21. ロアアームブーツ

    整備基準:亀裂・グリス漏れ発生時

  22. 22. プロペラシャフト

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  23. 23. ショックアブソーバー

    整備基準:油滴・液漏れあり

  24. 24. ブレーキドラム

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  25. 25. ホイールシリンダー

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  26. 26. ディスクローター

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  27. 27. ディスクキャリパー

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  28. 28. ブレーキホース

    整備基準:亀裂・損傷発生時

  29. 29. マフラーコート

    整備基準:錆による腐食の発生時

  30. 30. 下回り塗装

    整備基準:錆による腐食の発生時

※北海道店舗の場合、下記パーツは対象外となります

22)プロペラシャフト、(23)ショックアブソーバー、(26)ディスクローター、(27)ディスクキャリパー、(29)マフラーコート、(30)下回り塗装

充実のアフターケア 充実のアフターケア